霊感・霊感タロットの意味

占いバース メインイメージ

霊感・霊感タロットの意味

霊感タロットとは、霊感を用いてタロットカードを使って占う方法のことです。
  占い師は大なり小なり霊感を持っていて、だからこそ人の運命に対して将来を見通す能力を使って占うことが出来るのです。
どんな占いでも、カードや手相、筮竹等だけで結果を出すことはなく、そこに占い師の経験や霊能力が関係してきます。

しかし、霊感や霊能力は人に依ってそのランクが随分違います。
ですから、『霊感タロット』として占いの方法を出している占い師は、かなり霊感が高い人だと言えます。

タロットカード占いは、ご存じのように22枚の大アルカナカードと56枚の小アルカナカードを使い、相談ごとの内容によってどのカードを使うか、またどんなカードの並べ方をするかで占いますが、ここで大切なのは、結果として出たカードの意味の読み取りです。
これには経験が大きくものを言います。
相談事の内容に則した、的確な意味の読み取りがなされなければ、相談者は困惑してしまいます。
相談事に対して最も適した読み取りをすると同時に、それに適したアドバイスが出来ることが占い師として最も大切なのです。

霊感タロットを扱う占い師は、タロットカード自体の読み取りにも優れていますが、そこに霊能力を駆使して相談事の本質に迫ることが出来ます。
霊能力とは特殊な能力だけに、それを持っている人に出会うこともある意味運命です。
霊感タロットを使う占い師は、カードをシャッフルする時から、普通のタロット占いとは違う気持ちです。

タロットカードをシャッフルしたり切ったりする場合は、占い師ばかりでなく相談者が行う場合もあります。
これは相談者の意識や潜在意識がカードに直接反映される機会ですので、是非相談事を心に思い浮かべながら心を込めてカードを切って下さい。
ただのカードではないかと思う人もいるようですが、タロットカードは相談者の意識が強く反映されるものなのです。

そこに霊感に優れた占い師が占うのであれば、鬼に金棒。
カードが表す意味に、更に霊感に依る意味も加えられ、より具体的な結果を聞くことが出来るのです。

ただ、ここで気を付けなければならないことがあります。
それは霊感占いのタロット占いをする占い師をちゃんとした人を選ぶということです。
選び方は以外と簡単です。
霊感があると言う人の中でも、あの世の人が見えても話が出来ない人も意外と多いのです。
霊感があると言っても、ただ見えるだけでは意味がありません。
ちゃんとあの世の人と会話が出来る人でないと肝腎な事を聞くことが出来ません。

ですから、霊感タロットといっても、ちゃんとあの世からのメッセージを聞くことが出来る占い師を選ぶことが大切です。

占いメニュー

誕生日占い

相性占い
出会い占い
片思い占い
復縁占い
不倫占い
結婚占い

↓占いの種類に戻る↓
占いの種類





ツイート

復縁