前世占いの意味

占いバース メインイメージ

前世占いの意味

前世占いは、現世を生きる人間には必ず前の人生と呼ばれるものがあり、人は死してまた生まれ変わる、という輪廻の輪を巡って生きていると唱える説を前提にした、前世の存在を認識した上で行う占いの方法です。

前世占いでは、前世はただの終わった人生という認識ではありません。
変えられないもの、動かないものとの前提が覆ることはありませんが、前世で行った行為は今の人生に少なからず影響していると考えられます。
前世で築いた功績は現世での人生に喜びを与え、前世で犯した罪の代償は現世でも求められる。
そんな世の摂理の元、前世の存在を知ることは現世での生活に役立つと、前世占いは基本的に今に活かすために行われます。

前世を占う方法は、生年月日を利用したり占い師の直感によるものだったりと様々ですが、いずれにしろそこで終わるわけではありません。
前世占いにとって、前世を診断することはまず一番先に行うことです。

前世占いの中には、対象に簡単な催眠をかけて、その魂に過去の人生を教えてもらうという方法もあります。
この方法では前世の体験を本人の目線で知ることができるので、占い師が客観的に事実を見るよりも、より前世で遭遇した印象的な出来事やトラブルを把握できるようになります。

前世で起こした問題は、前世で解消すべきものです。
ですがそこで解消できていないと、自然と現世でも似たような問題を抱えてしまうもので、前の縁もあって更に複雑なものになりかねないのがトラブルのもとだといわれます。
自分の性格上によるものや運命的な廻りによるもの、正体のわからないトラウマや不運は、実は前世で起きたよくないことを引き摺っているからゆえに生じているのかもしれないということです。

前世占いにより真実の欠片をつかむことができれば、現世の自分ではたどり着くことのできないはずだった、根が深い問題に対処できる可能性というものが生まれます。
前世で抱えたものを昇華し、今の人生を生きやすくする。
既に決められている運命を、よりよいものに変えていくための行動が起こせるのが、前世占いの真髄です。

前世がわかったからといって、それはあくまで既に終えた生のこと、本番はあくまで今自分が生きている人生だということを忘れてはならないというのが、前世占いの決まりとしてあります。

過去のこと、それも自分が直接関係していない経験に振り回されるのはよくないことです。
前世がどんなものであったとしても過去のものとして割り切れるかということが、前世占いを行う上で必ず持っておきたい心構えだといえます。

占いメニュー

誕生日占い

相性占い
出会い占い
片思い占い
復縁占い
不倫占い
結婚占い

↓占いの種類に戻る↓
占いの種類





ツイート

復縁