思念伝達・念伝達の意味

占いバース メインイメージ

思念伝達・念伝達の意味

思念伝達・念伝達とは、自分の念を相手に伝えることを言います。
簡単に言えばテレパシーです。
念というのは「念願」という言葉が示すように、心で強く思い描く切なる願望です。

人は自分の気持ちを相手に伝えるために言葉を使います。
言葉以外ならボディランゲージという方法もあります。

身近なところで犬を見ているとわかると思いますが、言葉を使わない犬には念をキャッチする能力が高く、念で心が通じ合うからこそ、人と犬は共存できるのです。

けれど人間の場合、念を伝えるということは、現代においては特殊な方法とされています。
なぜなら人は言葉を使うことによって念を伝える能力が退化してしまったからです。

元々人間にも思念伝達・念伝達の能力はありました。
一番わかりやすいのは、ふと、ある人物のことを思い描くと、思いがけずその人物から連絡があったということがよくありますが、それもあなたの念を相手がキャッチしたという例です。
つまり念を発しても、相手が受け取らなければ念伝達はうまくいきません。

一般の人間にはそこまでが限度です。
波長の合う相手やたまたま波長が合っただけというパターンであって、誰にでも念を送れるわけではありません。

けれど特殊な能力を持った思念伝達・念伝達のスペシャリストなら相手の心に波長を合わせ、あなたの念を伝えてくれます。

人間関係のトラブルや恋愛関係など、言葉では伝えきれないあなたの思いを、相手の心にダイレクトに伝える方法として、思念伝達・念伝達に注目が集まっています。
今、ここにいない相手に対してあなたの思いを伝えることができるので、上手に利用すればスムーズな人間関係の構築に役立つはずです。

ただ一つだけ利用する上で注意が必要です。
相手を思う気持ちや互いの幸せにつながる思いならプラスに作用しますが、負の感情、つまり相手の不幸を願う念を送るのは、それは送り手であるあなたに返ってきます。

人にはプラスの感情とマイナスの感情があり、表面的にはマイナスの感情を隠して生活します。

けれど心の中で「こんな人、キライ」と思えば相手にもそれが伝わり、いい結果を生み出しません。
思念伝達・念伝達の専門家にはそれがよくわかっているからこそ、幸せとは程遠くなるようなマイナスの念は送らないのが鉄則となっています。

一方、相手を強く思う心や慈しみの心ならストレートに伝わります。
思念伝達・念伝達を利用して、あなたの念を相手に送った後に相手に働きかければ、きっとお相手と気持ちが通じ合うはずです。

占いメニュー

誕生日占い

相性占い
出会い占い
片思い占い
復縁占い
不倫占い
結婚占い

↓占いの種類に戻る↓
占いの種類





ツイート

復縁