タロット占いの意味

占いバース メインイメージ

タロット占いの意味

タロット占いとは、タロットと呼ばれるカードを用いて占う占術です。
タロットには、大アルカナと呼ばれる22枚のカードと、小アルカナと呼ばれる56枚のカードがあります。
大アルカナのみで占う場合と、大アルカナ、小アルカナの両方の78枚を用いて占う場合があります。

タロットカードには絵柄が描かれており、それぞれのカードには意味があります。
その意味から、占い結果を読み取ります。
カードそのものの意味が結果の全てを表しているとは限らず、その他のカードとの組み合わせや、位置から複合的に結果を判断します。
タロットカードには正位置と逆位置という概念があります。
カードの上下の向きが正しいか逆かによって、タロットーカードの意味は逆になります。
正位置では良い意味のカードであっても、逆位置になると悪い意味を暗示するカードとなる場合があります。
また、正位置では悪い意味を暗示していても逆位置では良い意味となることもあります。

大アルカナには、愚者、魔術師、女教皇、女帝、皇帝、教皇、恋人、戦車、力、隠者、運命の輪、正義、吊された男、死神、節制、悪魔、塔、星、月、太陽、審判、世界の22種類があります。
小アルカナは、杖、剣、聖杯、硬貨の4つの組(スート)に分類されていて、それぞれに1から10までの数字をあてはめたものと、小姓、騎士、女王、王の4人の人物にあてはめたものの合計56枚があります。
それぞれの数字とスートによって、タロットの持つ意味が違います。

小アルカナは、トランプの原型になったという説もあれば、先にトランプが存在しており、そこに大アルカナが加わってタロットになったという説もあります。

タロット占いは、まずタロットを裏返しにして、占い師もしくは占われる人がシャッフルします。
シャッフルしたカードの中から何枚かを選び、テーブルの上に並べていきます。
並べ方には、占いの種類によってさまざまなものがあります。
数枚だけで占いの結果を読み取るものもあれば、10枚以上を図形のように並べることで、その位置関係も含めて結果を判断するものもあります。

タロット占いは、占いたい内容を明確にしておく必要があります。
漠然とした運勢を占うよりも、特定の事柄についての吉兆や今後の風向きについて占うのに向いています。
何か特定の悩み事を抱えている人にはおすすめの占いです。
タロット占いでは、未来についてのことだけではなく、現在や過去についても占うことができます。
あなたが今置かれている状況を複合的に読み解くのも、タロット占いが適しています。

占いメニュー

誕生日占い

相性占い
出会い占い
片思い占い
復縁占い
不倫占い
結婚占い

↓占いの種類に戻る↓
占いの種類





ツイート

復縁